最近注目を浴びているのが、散骨です。

思い出の場所や、お墓でなく公園などを霊園にした場所への散骨など、色々なタイプの散骨を見かけるようになりました。

実際にそれを希望する場合、または希望した親族が亡くなった時。


知っておきたいのは、遺骨をどのように扱えば良いかということです。

実際に「墓地、埋葬等に関する法律」という物が制定されており、それに乗っ取った物でない限りは認められないという事になって来ます。



「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない」という条例がある一方で、「葬送のための祭祀として節度をもって行われる限り遺骨遺棄罪に該当しない」という見解も発表されており常識の範囲内であれば可能で有ることが分かります。
どこに場所を選ぶかにも寄りますが、基本的に形のあるままでの散骨は出来ません。


遺骨は粉砕して、人の目に触れても違和感の無い状態にすることが大前提です。

また、私有地や人の往来する場所では出来ないと思った方が良いでしょう。

wikipediaの情報を提供しているサイトです。

例えば、海だとしても浜辺に撒くということは出来ません。


基本的に、海に撒く場合も何かの方法で船を用意します。



または、専門業者に手配を依頼することになります。


「海岸から●km以上離れた場所」と業者の決めたガイドラインが有る場合がほとんどです。
業者はトラブルの無い方法を知っていますので、業者に依頼することが個人で行うよりも確実で安心出来る方法と言えるでしょう。

Copyright (C) 2015 散骨についてのあれこれ All Rights Reserved.