葬儀の形も様々に模索されている中で、家族で執り行う葬儀もかなり小規模化してきています。

核家族化してきているので、お墓の管理なども難しいと考えるのはとても自然な事でしょう。残された家族に葬式でお金を使ってもらうより、今後の生活のために使って欲しいと願う人もいるので、なるべく自然な形での葬儀を望む人たちもいるのです。

これは自然葬とも呼ばれていて、墓ではなくて海や山に遺骨を返していく方法となります。最近では樹木葬や海に散骨するやり方などが増えてきています。



実際は法律なども絡んできますので、すぐにやろうと思ってできる事でもないので注意をしましょう。

あなたに合った条件のNAVERまとめにおける問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

故人がもしも自然葬という形を望んでいるのであれば、業者などに連絡をする時に相談をしてみて下さい。

手作りで温かみのある葬儀を願うのは当然の事です。

けれども最近は知り合いや親戚などとの付き合いも減ってきているので、余計にこれらの自然葬儀したいと思うのかもしれません。

どんなやり方が正しいのか、よく分からないままに行う事は出来ませんが、実際に行った人の話を聴いてみたりするのもおすすめです。

樹木のそばに骨をまいたり、海にまくなどいろんな方法があります。



出来ればいつか自分の身にも降りかかる事でもありますから、なるべく早い目に葬儀についても考えておくといいでしょう。

数多くある葬儀の形のひとつとして、自分自身が自然に帰っていくという自然葬もいいのではないだろうかと感じられそうです。

Copyright (C) 2015 自然葬という選択肢について All Rights Reserved.