海洋葬は自然葬における考え方の1つで、遺骨を自然に返すという目的から散骨の形式を取り、これを海上で行う手法です。

この散骨法は日本においては法的な問題が指摘されていてあまり広まってはいませんでしたが、現在では予め遺骨を細かく砕いて置く等の一定のルールの範囲内で行えば問題無しとの考えが主流となっており、徐々にその認知度も高まっています。
墓を新たに建立して埋葬する場合と比較すると費用面では格安と成り得るのが、海洋葬の特徴の1つとなっています。



費用は概ね5~50万円程度と随分と幅が見られ、安いものは遺骨を預けて散骨を行って貰う、高いものの場合はチャーター船を手配して遺族が乗り込んで行うといった形式の幅が理由となっています。


海洋葬では散骨を全部・一部の何れとするかの選択が可能となっています。一部とする場合、故人の遺志を尊重しつつも墓の存在・後継者があって遺族との折り合いが必要なケースに向くと言えます。
逆に全部散骨を行う場合において墓が存在する場合、事後の墓の処遇をどうするかを検討しなければなりません。



こうした場合には墓じまいを伴うケースも多く、別途役所関係の手続きも必要となります。

OKWaveを求める人にお勧めしたいサイトです。

少々面倒ではありますが、海洋葬を希望する人に墓の後継がいないようなケースでは寧ろ区切りの意味で効果的とも言えます。
生前予約を行うような人には、こうした境遇の人が多いとされるのも海洋葬の特徴・メリットの1つとなっています。


Copyright (C) 2015 海洋葬の概要や利点について All Rights Reserved.