屋外施設タイプの永代供養墓には納骨壇型、納骨塔型、墳陵型の三種類があります。


個別のスペースにお骨を納めるタイプの納骨壇型、納骨塔型は石材で立てられた納骨塔の地下に遺骨を安置するタイプです。

墳陵型は前方後円型の大きいサイズの合葬墓になります。

永代供養墓を利用する際の注意は、そのお墓が「骨壺単位で収納するのか、それとも骨壺から出して故人を特定出来ない形で収納するのか」を事前に知っておく必要があります。

骨壺から出して、他の方と遺骨を混ぜた状態で収納する場合は改葬や遺骨の移動、分骨が出来なくなりますので、分骨や改葬などを考えている場合は骨壺単位での収納をおすすめします。


かかる費用もまちまちですが、公営墓地なら数万円、寺院や民営の20万から80万が相場と言われています。

また、永代供養量や納骨法要のお布施、墓誌に名前を刻むための費用等もあります。



生前契約をすると、入会費、年会費、入壇費の各種費用も必要になります。


とにかく費用を安くしたいと考えている人は、最初から合祀型の永代供養墓を選択するケースがほとんどです。



この永代供養墓には相続税や消費税、固定資産税などはかかりませんので、子供に金銭的な負担をかけたくないと考えている場合は永代供養墓を検討してみましょう。

朝日新聞についての情報です。

宗旨宗派も問われることは基本的にありませんが、稀に永代供養を頼むお寺の宗派に帰依(信仰)することや檀家になることを条件にしているお寺もありますので、事前に確認をとってから依頼してください。

Copyright (C) 2015 屋外施設型の永代供養墓 All Rights Reserved.