最近では永代供養墓を購入する人が増えています。

特に子供のいない夫婦にとっては、将来自分達が亡くなった時どうなるかという不安は絶えません。


もし墓を購入しても墓守がいなければそれを維持することができなくなって、無縁仏になってしまうことも考えられます。


そうならないためにはどうしたら良いかを真剣に考える必要があります。

また今では結婚をしない人も増え始めており、熟年離婚も多く将来の墓のことで苦心している人がたくさんいます。

そこでそういった人達の為に、永代供養をしてくれり霊園や寺が増えているのです。



永代供養をしてくれれば将来身内がいなくなったとしても、霊園や寺の人が責任を持って供養をしてくれるので安心です。

人気のAll About情報に関する耳より情報を公開しています。

都心でも霊園が増えています。



勿論お墓を購入する人もたくさんいますが、永代供養墓を購入する人も大勢います。
昔は先祖代々の墓に入ることが当たり前の時代がありましたが、その様相が変わってきています。たくさんの人が都心に移り住むようになると、田舎にある墓に入る人の数はどんどん減るようになりました。
もし田舎の墓に入っても子供達がそこまでお参りに来てくれるのは大変なので、都心にある霊園にお墓を建てる人が増えているのです。そのようなこともあって、新しく出来た霊園は予約で一杯です。それと同じ位永代供養を希望する人が増えているのです。

このことは、身寄りが少なくなった人が増えていることも意味していると言えます。

Copyright (C) 2015 永代供養を希望する人が増えている All Rights Reserved.